メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

本田監督、カンボジア初陣逆転負け 指揮官の自覚イレブン鼓舞(スポニチ)

親善試合 カンボジア1-3マレーシア(2018年9月10日)

 メルボルンVのMF本田圭佑(32)が事実上の監督を務めるカンボジア代表が10日、ホームのプノンペンでマレーシア代表と対戦し、1-3で逆転負けを喫した。宿敵マレーシアからクメール共和国時代以来の47年ぶりの勝利はならなかったが、初陣から手腕を発揮。「結果が出なかったので僕に責任がある。敗因には理由がある。今晩はそれを考えることに時間を割く。今日の敗戦は忘れることはない」と振り返った。

     まさに“本田劇場”だった。試合前に突然の雷雨で30分、キックオフが遅延。首を長くして待った約3万人の観衆の前には両腕に時計、そしてサングラス姿で登場して度肝を抜いた。試合が始まると両手をポケットに突っ込みながら、時折、身ぶり手ぶりで指示。本田仕込みのポゼッション、ハイプレスが奏功し、前半18分に先制点を挙げるマジックを見せた。「最初の30分はアメージング」。そう振り返る通り、疲れとミスが露呈した後半に3失点。それでもハイラインを保ち攻める姿勢は崩さず「僕の哲学を貫いてくれた」と選手たちをねぎらった。

     W杯ロシア大会後に「現役を続けていくのか。サッカーにどう携わっていくのか整理したい」と言った。自問自答した先に、20年東京五輪出場、そして代表監督への挑戦があった。試合には敗れたが、二足のわらじの金狼(きんろう)が次なる野望へ第一歩を刻んだ。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
    2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
    3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
    4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
    5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです