メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

札幌、余震不安「帰れない」 自宅の壁、損傷し 東区の体育館で87人避難生活

復旧工事が進む、地震のため陥没した道路=札幌市東区で2018年9月11日午後3時38分、竹内幹撮影

 北海道胆振(いぶり)地方を震源とする地震から6日が経過した12日、道内では1590人が避難生活を送っている。震源から離れた札幌市東区では震度6弱を記録し、商業施設が建ち並ぶ市街地の道路が大きく陥没した。区体育館には87人(11日午後10時現在)が避難するが、余震が続き「帰りたいが帰れない」との声が上がる。

    東区体育館

     陥没が目立つのは、東15丁目屯田通。直下を走る市営地下鉄東豊線は運転を再開しているが、上を通る片側2車線の路面は約4キロにわたり1メートル以上沈んだところが目立ち、重機が復旧作業を進める。

     植原裕子さん(63)は住んでいたアパートの外壁がはがれて落下し、体育館に避難した。多くの犠牲者が出た厚真(あつま)町や、液状化被害が大きい札幌市清田区ばかりが注目されていると感じ、「ここも経験にない強い揺れだった」と言う。「自宅に戻りたい気持ちが強いが、またあの揺れが来るのではと思うと動けない」と話す。

     一番の懸念は、まだ続く余震だ。気象庁によると、最大震度7を観測した6日未明の地震後、12日午前8時までに震度1以上の地震を観測したのは181回に上る。体育館の近くに住む多羅尾光紀さん(78)はアパートにひびが入り、不安で避難所に来たが、常に揺れているような感覚に襲われているという。「余震が減り安心したところでまた揺れると不安が増す」と悩む。

     電気などの復旧が進み、利用者減や学校再開で東区の避難所はピーク時の20カ所から、この1カ所になった。閉鎖された避難所から移ってきた人も多い。

     情報収集にスマートフォンが手放せないが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のデマや心ない書き込みに心を痛める。40代女性は「先日も『近く強い地震がくる』という話が出回り、自衛隊の名前が使われて信頼できる情報だと思い込んでしまった」と語った。【澤俊太郎】

    ボランティア始動 厚真

    被災者の家で寝具を運び出す北海道苫小牧市の塾講師、岩崎裕樹さん。地震発生2日後にむかわ町に住む叔父の家で惨状を目にしてボランティア参加を決意した=北海道厚真町で2018年9月12日午前10時1分、山崎一輝撮影

     北海道厚真町で、ボランティアの活動が本格的に始まった。町社会福祉協議会は11日から「災害ボランティアセンター」を町内の旧「かしわ保育園」に設置しているが、個人の場合は道内居住者に限定している。事前申し込みや問い合わせは、町災害ボランティアセンター(090・7647・6583)。

     希望者は午前8時半にセンターに集合。オリエンテーションを受けた後、被災家屋の整理や後片付け▽家具など重たい荷物の運搬▽避難所での子どもの遊び相手や運営サポート▽給水作業--などにあたる。活動は午後3時まで。11日午後5時現在、個人110人と9団体から申し込みがあった。

     北海道北広島市から訪れた菊川昭夫さん(71)は「何度か訪れたことのある厚真町が被害を受けたので、少しでも力になれればと参加することに決めた」と話した。【安達恒太郎】


    被害状況=12日正午、北海道まとめ

    死者        41人

    けが       681人

          (うち重症9人)

    避難者     1590人

    停電       173戸

    建物被害全壊    99棟

    半壊       119棟

    断水     約5500戸

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
    2. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
    3. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
    4. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
    5. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです