メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

漫画家・柴門ふみさん 憧れた「文化の中心」

漫画家の柴門ふみさん

 田舎の中学生だった頃、庄司薫さんの芥川賞受賞作「赤頭巾ちゃん気をつけて」を読んで、東京の生活に憧れました。主人公は都立日比谷高校3年の薫君。山の手のおぼっちゃんで頭が良くて、ちょっと繊細。受験予定だった入試が東大闘争で中止になって悩みます。あの小説の印象が強くて、東京というと下町でなく山の手が私のイメージでした。

 高校まで徳島市にいて、テレビで見る東京の文化に飢える日々。田舎には映画も来ないし、コンサートもない…

この記事は有料記事です。

残り1554文字(全文1762文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです