メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 熊本で大学の保護者組織の催し物があり、その機会に渡辺京二さんにお目にかかった。法政大学のホームページ上にある対談シリーズ「法政オンライン」に出ていただくためと、熊本市民の皆さんの前で対談をするためである。渡辺さんは私が敬愛する思想史家であり、誇りに思う法政大学の卒業生なのである。

 1998年に刊行された渡辺さんの「逝きし世の面影」は、江戸時代日本のイメージを一変させた。すでに80年代に私自身も含め、江戸文化をそれまでとは異なる視点から捉えるようになっていた。その動きに対しては「封建制度の日本を評価するのか」という批判が起こり、「明るい」などと一度も書いたことはないが、「江戸時代を明るい時代とした」とも攻撃され…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文773文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです