メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目は語る

9月 動乱期の浮世絵師・月岡芳年 動き写し出す卓越した画技=高階秀爾

月岡芳年「藤原保昌月下弄笛図」大判錦絵三枚続、1883年

 月岡芳年(よしとし)(1839~92年)と言えば、凄惨(せいさん)な殺戮(さつりく)の場面をどぎついほどの強烈な表現で描き出した「血みどろ絵」の作者という印象が強い。事実、幕末から明治維新にかけての動乱の時代に、歌舞伎の「夏祭浪花鑑」や「東海道四谷怪談」、あるいは講談や軍記物の講釈などの大衆娯楽の世界から特に「殺し」の場面を選び出して絵画化した「英名二十八衆句」や「魁題(かいだい)百撰相」などのシリーズが芳年の名前を「血みどろ絵」と結びつけてしまったことは確かであろう。

 しかし、芳年の画境はそれだけではない。同じ頃、師の歌川国芳から学んだ壮麗な源平合戦図や、当時の人気…

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1439文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです