メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨被災地は今

/下 暮らし再建、どこで 愛媛・西予

「夫はここでよく印刷の仕事をしていたんです」と自宅跡で手を合わせる入江須美さん=愛媛県西予市野村町地区で2018年9月2日、中川祐一撮影

 西日本豪雨によるダムの大規模放流で、愛媛県西予市野村町の5人の命をのみ込んだ肱川(ひじかわ)は、透き通った水を静かに運んでいた。9月に入ってからの日曜の昼下がり。豪雨直後は片付けの住民やボランティアらが行き交ったが、今は静まりかえり、人影もまばらだ。

 午後5時、夕日に染まり始めた肱川沿いの自宅跡地で入江須美さん(51)は深いため息をついた。「これも何とかせんと……」。木造2階建てだった自宅は流され、むき出しの地面には雑草が茂りだしていた。

 印刷業を営む夫の善彦さん(59)は、車ごと濁流にのまれた。7月7日朝、自身が勤務先の介護施設に大雨…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです