メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記念展

大阪・正木美術館50周年 書画の優品、感じ楽しむ

 大阪府南西部、忠岡町の住宅街にある正木美術館は今年、開館50周年を迎えた。東洋の古美術を中心とした収蔵品約1300件には国宝3件、重要文化財13件が含まれる。私設の小さな美術館としては驚くべきコレクションで美術ファンには知られているが、大阪市中心部から離れた立地事情もあり一般的な知名度はまだ低いという。開館50周年記念として今月始まった名品展「一片開花」は、広い層に関心を持ってもらいたいと美術館が知恵を絞った。

 担当したのは、勤務4年目の原山詠子学芸員(32)。重厚なコレクションを前に圧倒される中、東洋古美術…

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1229文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです