メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピアノ演奏会

小菅優 光と色「火」の物語 大阪

 ピアニストの小菅優がいずみホール(大阪市中央区)で、昨年から始めた自然の四元素をテーマにした演奏会シリーズ。昨年の「水」に続き、今年は「火」にまつわる作品を取り上げる。「映画を見ているような物語のある曲が多いので、音楽から広がる世界を想像してほしい」と語る。

 膨大な資料から「火」の曲を探し、プログラムを完成させるのにほぼ1年かかったという。前半は、レーガーの「暖炉のそばの夢」(抜粋)や、ファリャの「恋は魔術師」から「火祭りの踊り」など、人間に関係する火を表現する。

 後半は神秘的な世界に入っていく。スクリャービンの詩曲「炎に向かって」は晩年の作品で、「音楽から信じ…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文758文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです