メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピアノ演奏会

小菅優 光と色「火」の物語 大阪

 ピアニストの小菅優がいずみホール(大阪市中央区)で、昨年から始めた自然の四元素をテーマにした演奏会シリーズ。昨年の「水」に続き、今年は「火」にまつわる作品を取り上げる。「映画を見ているような物語のある曲が多いので、音楽から広がる世界を想像してほしい」と語る。

 膨大な資料から「火」の曲を探し、プログラムを完成させるのにほぼ1年かかったという。前半は、レーガーの「暖炉のそばの夢」(抜粋)や、ファリャの「恋は魔術師」から「火祭りの踊り」など、人間に関係する火を表現する。

 後半は神秘的な世界に入っていく。スクリャービンの詩曲「炎に向かって」は晩年の作品で、「音楽から信じ…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文758文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです