メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

「豊子忌」を前に

 作家の山崎豊子(1924~2013年)が没して今月29日で5年。命日の「豊子忌」が巡り来る。晩年、堺市の邸宅を取材で訪れたことがあった。当世の大家は、既に「原因不明の疼痛(とうつう)」に悩まされていた。

 にもかかわらず書斎道具から執筆にまつわる陰影に富む話を聞かせていただいた。例えば書斎の横長机。インクのしみの残る年季もの。「桜の木の一枚張り。司馬(遼太郎…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです