メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 家族を守るため未知の世界に分け入り、薬草を見いだした女性たちがいつしか「魔女」と呼ばれたのではないか。「魔女の宅急便」などで知られるアンデルセン賞作家、角野栄子さんはそう記す。

 角野さんの友人で、下関市で児童書専門店「こどもの広場」を主宰する横山真佐子さん(71)は40年前、離婚を機に児童書専門店を始めた。以来、この小さな街で店を切り盛りする傍ら、角野さん…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 全日本学生落語選手権「策伝大賞」 立命館3年・高橋壱歩さん 岐阜 /岐阜
  3. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  4. 10連休のGW、旅行に予約殺到 価格高騰も
  5. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです