メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

白神山地の折れたマザーツリー 強風耐えられず 幹内部を菌が侵食 専門家「応急処置必要」 /青森

 白神山地のシンボルで樹齢400年以上とされるブナの巨木「マザーツリー」(西目屋村)の幹が途中で折れたことを受け、県樹木医会専務理事兼事務局長の斎藤嘉次雄さん(71)が調べたところ、折れて落下した2本の幹が菌によって腐っていたことが分かった。斎藤さんは残った幹の応急処置が必要との認識を示した。

 東北森林管理局津軽森林管理署によると、マザーツリーは老朽化に加え、4日夜から5日未明にかけて日本海側を北上した台風21号の影響で折れたとみられている。

 8日に現地を訪れた斎藤さんによると、落下した2本の幹内部が「心材腐朽菌」などによって約6~7割が侵…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文575文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  5. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです