メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年半

「奇跡」の避難、後世に 22歳、復興支えたい 当時・釜石東中2年生(その1) /岩手

 東日本大震災で大きな被害を受けた釜石市で、ほぼ全員の命が救われ、当時「釜石の奇跡」と呼ばれた市立釜石東中、鵜住居小の子どもたちによる避難行動。てんでばらばらに高台へ逃げる「津波てんでんこ」の中心となった釜石東中の2年生は22歳に成長した。災害列島に生きる子どもたちに自らの体験と教訓を語り継ぎ、復興を支えたい--。震災を生き抜き、社会へ飛び立とうとする6人に、古里への思いと将来の夢を聞いた。【中尾卓英】

この記事は有料記事です。

残り3133文字(全文3336文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです