メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

宮古特産マダラ使用 フライで販路拡大 水産加工業者 /岩手

 東日本大震災で被災した宮古市長町の水産加工業、共和水産(鈴木徹社長)は宮古特産のマダラを使ったフライで販路を拡大し、復興につなげている。凍結1回の「ワンフローズン製法」による鮮度と味の保持が消費者に受け入れられた。県宮古水産振興センターは宮古のマダラ活用の成功例とみて、今後もマダラ料理レシピコンテストなどを開いて消費拡大を図っていく。

 内陸部の共和水産本社は震災被害を免れたが、大槌町にあった原料保管倉庫が津波をかぶり、1億3000万…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文835文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです