メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自殺予防週間

心の健康点検、悩みを相談 自殺防止呼び掛け 山形など4カ所でティッシュ配り /山形

 自殺予防週間(10~16日)の11日、悩み相談窓口の電話番号などを印刷したチラシ入りのティッシュなどを配る啓発活動が山形、天童の両市と河北町内の計4カ所で行われた。

     村山総合支庁保健企画課が計1700個のティッシュやクリアファイルなどを用意。村山保健所職員や山形大医学部看護学科の学生らが通行人に「自殺予防キャンペーンをやっています」と呼びかけた。ティッシュには村山保健所の電話番号のほか、心の健康をチェックする項目も記載されている。

     厚生労働省や県の調査によると、県内の自殺者数は2006年の381人をピークに減少傾向にあり、11年以降は200人台で推移してきた。昨年の自殺者数は210人(前年比10人減)と過去最少だったが、10万人当たりの自殺者数を示す「自殺死亡率」は19・2(全国平均16・4)で、全国7位、東北5位と依然高い傾向にある。

     年齢別では60代が45人と全体の2割以上を占め、40代が35人となっている。男性は140人と全体の約7割で、女性(70人)の2倍。男性は若者から働き盛りの世代に多く、女性は高齢者に多いという。

     啓発活動に参加した山形大医学部看護学科4年、及川弥々さん(21)は「自殺のニュースを見ると、相談できる人はいなかったのかと苦しくなる。相談窓口を一人でも多くの人に知ってもらいたい。将来は患者の小さな変化に気づける看護師になりたい」と話した。

     相談窓口は県精神保健福祉センター(023・631・7060)のほか、村山保健所(023・627・1184)や最上、置賜、庄内の各保健所にも設置している。【的野暁】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです