メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こしがや薪能

鬼と韋駄天、激しく舞う 「舎利」上演 /埼玉

 県内唯一の屋外の能舞台がある日本文化伝承の館「こしがや能楽堂」(越谷市花田)で9日、「第29回こしがや薪能(たきぎのう)」が開かれた。

 観世流能楽師の故関根祥雪(本名・祥六)さんが同市出身だった縁から、市は1990年から「能楽によるまちづくり」として薪能を開催。93年には同能楽堂を創建しトップ級演…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです