メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

「毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル」 「最期の迎え方」母を通し模索 /神奈川

 認知症の母親を自宅で介護する生活を題材にドキュメンタリー映画を撮る関口祐加監督(61)=横浜市中区=の新作「毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル」が県内でも公開される。今作がシリーズ3作目となる。母の老いを通して見えてきた「死」。今作では、海外の安楽死、自死ほう助など、「最期の迎え方」の選択肢を探った。タイトルには「人生のフィナーレ」という意味も込めた。作品への思いなどを聞いた。【聞き手・石塚淳子】

この記事は有料記事です。

残り968文字(全文1170文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです