メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

「毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル」 「最期の迎え方」母を通し模索 /神奈川

 認知症の母親を自宅で介護する生活を題材にドキュメンタリー映画を撮る関口祐加監督(61)=横浜市中区=の新作「毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル」が県内でも公開される。今作がシリーズ3作目となる。母の老いを通して見えてきた「死」。今作では、海外の安楽死、自死ほう助など、「最期の迎え方」の選択肢を探った。タイトルには「人生のフィナーレ」という意味も込めた。作品への思いなどを聞いた。【聞き手・石塚淳子】

この記事は有料記事です。

残り968文字(全文1170文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです