メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住民監査請求

棄却 「随契事務相当性欠く」 川崎市を指弾 /神奈川

 川崎市教委が昨年、32の市立小中学校で実施した窓サッシの落下防止工事で、学校それぞれについて随意契約としたことで市に約450万円の損害が出たとして、担当職員に補填(ほてん)させるように求めた住民監査請求の監査結果が11日、公表された。請求は棄却されたものの、「事務執行に相当性を欠く部分がある」と行政側を厳しく指弾する内容となった。

 監査結果で疑問を呈されたのは「見積もり業者が3者に固定され、その3者が区ごとに受注している」「同様…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文500文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです