メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフラツーリズム

県内でも広がり 施設身近に、観光資源活用 行政と旅行業者のコラボツアーも /新潟

 ダムやトンネルといったインフラを観光資源として活用する「インフラツーリズム」が県内でも広がりを見せている。インフラツーリズムは日本の技術力の高さをアピールしたり、施設そのものを身近に感じてもらったりできるだけでなく、観光資源の乏しい地域に人を呼び込むこともできる。施設を管理する行政と民間の旅行業者がコラボしたツアーなど、官民一体の取り組みも進んでいる。【堀祐馬】

 8月24日、湯沢町と群馬県みなかみ町を結ぶ、日本で2番目に長い全長約11キロの道路トンネル「関越ト…

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1144文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. WEB CARTOP 明らかに健康に悪そう! いまだに地方で黒煙を上げる大型ディーゼル車が走っているワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです