メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際交流展覧会

学生が作品解説 上教大と国外5大学 上越 /新潟

 上越教育大学(上教大、上越市)と国外の5大学で美術・芸術を学ぶ学生らの作品を集めた国際交流展覧会が9日までの3日間、上越市の集会施設「ミュゼ雪小町」で開かれた。それぞれの多種多様なお国柄を表す作品展となった。

 展覧会は言語で表現しきれない気持ちを美術作品で表して交流を深めようと上教大と台湾清華大との間で2012年に始まった。その後、お互いの協定校も参加して隔年で開催するようになり、今年が4回目。展覧会をきっかけに交換留学が始まるなど、互いの縁が深まっている。

 今回は上教大と台湾清華、カレル(チェコ)、北京清華(中国)、西北師範(同)、内蒙古民族(モンゴル)…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文583文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. トランプ氏 私室に招き夕食 安倍首相、親密ぶり強調
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです