メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

大ケヤキの大枝、強風で折れ撤去 上野原・樹齢800年超 /山梨

 上野原市のシンボル、市立上野原小の大ケヤキ(推定樹齢800年以上)の大枝1本が台風21号の強風で折れ、11日、撤去された。市民や同小児童らは市の歩みを見守り続けてきた大ケヤキ復活を願っている。

 市教委によると、大ケヤキは樹高約28メートル、根回り約10メートル、主幹は地上4・5メートルのところで三つに枝が分かれている。

 5日午前8時過ぎ、3本のうち、真ん中の1本が折れているのを学校関係者が見つけた。枝は長さ数十メート…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文440文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです