メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

大ケヤキの大枝、強風で折れ撤去 上野原・樹齢800年超 /山梨

 上野原市のシンボル、市立上野原小の大ケヤキ(推定樹齢800年以上)の大枝1本が台風21号の強風で折れ、11日、撤去された。市民や同小児童らは市の歩みを見守り続けてきた大ケヤキ復活を願っている。

 市教委によると、大ケヤキは樹高約28メートル、根回り約10メートル、主幹は地上4・5メートルのところで三つに枝が分かれている。

 5日午前8時過ぎ、3本のうち、真ん中の1本が折れているのを学校関係者が見つけた。枝は長さ数十メート…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文440文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです