メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抜穂祭

稲の収穫に感謝 姫路の水田で /兵庫

たわわに実った稲の前に設けた祭壇に、斎主や田長らが次々と玉串を奉納した=兵庫県姫路市打越で、待鳥航志撮影

 稲の収穫を感謝する神事「抜穂祭(ぬいほさい)」が11日、姫路市打越の水田で開かれた。神職やJA職員、地元小学生ら計約300人が参加して稲を刈り取った。

 抜穂祭は地元の農業関係者や神職らの呼びかけで2015年、県神社庁姫路支部(支部長・高島俊紀家島神社宮司)がお供えする米を栽培する「神饌田(しんせん…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. アップル 「iPhone」 XSと最上位機種Max発売
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです