メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本画展

上村三代の制作過程紹介 奈良・松伯美術館で12月2日まで /奈良

美人画や花鳥画の大作が数多く並ぶ展示室=奈良市登美ケ丘2の松伯美術館で、大笹久光撮影

 奈良市登美ケ丘2の松伯美術館で11日、上村松園(うえむらしょうえん)・松篁(しょうこう)・淳之(あつし)の三代にわたる日本画家の作品展「画家の仕事-本画・下絵・素描が語るもの」(毎日新聞社など主催)が始まった。花鳥画や美人画などの作品とともに、写生や下絵など計約60点を展示し、絵の魅力を制作過程から紹介している。12月2日まで。

 松園(1875~1949年)は美人画の名手。本展では、高貴な女性が恋するがあまりに狂乱する「花がた…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文575文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです