メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと・民俗への招待

聖宝ゆかりの大峯参り /奈良

 奈良市内に餅飯殿という繁華な商店街がある。元は蕗畑(ふきのはた)(富貴畠)郷といったが、弘法大師が天川弁財天を興福寺の南円堂の南西に勧請し、蕗畑の人々が餅と飯を供えた縁から、また役行者が開いた大峯山に大蛇がすみ着き、峯入りが途絶えていた時に、東大寺の聖宝(理源大師、832~909)が退治して、祝いにこの町から餅飯を献じたことから、現在の町名になったともいう。

 聖宝とともに峯入りしたのは7人の町民ともいうが、その一人が箱屋勘兵衛だという。これが俗人の峯入りの…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文951文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです