メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農の歳時記

JA紀南 担い手育成へ「農業塾」 女性、定年帰農者 顔ぶれ多彩 /和歌山

 JA紀南は農業の多様な担い手育成のため、組合員や地域住民を対象に「農業塾」を開いている。実習中心で野菜栽培などの基礎を学ぶが、顔ぶれは女性や高齢者、定年帰農など多彩だ。JAでも准組合員数が正組合員数を上回る中、非農家の農業理解と農業参入の道を拓(ひら)くのも狙い。自分が作った野菜を家庭で食べることは、地産地消運動の役割も担う。農業塾生がJA直売所への出荷を始める発展形態も珍しくない。

 農業塾は2012年から始まり今年で7期目。これまで234人が受講し、内訳は男性が78人、女性が15…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文545文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです