メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

出雲出身の錦織監督、新作「高津川」 撮影に流域住民ワクワク 特別協賛金贈呈、オーディションも /島根

ジュンテンドーの吉野順祥専務取締役(右)から協賛金の目録を受け取る錦織良成監督=島根県益田市下本郷町で、竹内之浩撮影

 出雲市出身の映画監督、錦織良成さん(56)の新作「高津川」が今月下旬、高津川流域の益田市などでクランクインするのを前に、地元は盛り上がりを見せている。同市に本社を置くホームセンターチェーン「ジュンテンドー」が映画の特別協賛に入ると決まり、7日に錦織監督に協賛金を贈呈。8日には市民出演者のオーディションがあり、約300人が自己紹介や短い演技などでアピールした。【竹内之浩】

 贈呈式は同市下本郷町のジュンテンドー本社であり、吉野順祥専務取締役から錦織監督に目録が手渡された。…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文698文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです