メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

避難所離れても不安 声掛け助け合い 倉敷・真備 /岡山

豪雨から2カ月たち、避難所には空いたスペースが目立ち始めた=岡山県倉敷市真備町地区の二万小体育館で2018年9月5日、平川義之撮影

 西日本豪雨から2カ月が過ぎた。復旧・復興に向けた動きが出つつあるが、県内では今も600人近くが避難所で暮らしている。

 西日本豪雨で地区の約3割が浸水した倉敷市真備町地区。被災者が身を寄せている避難所は、ぽっかりと空いたスペースが目立ち始めた。浸水を免れた自宅2階や「みなし仮設」の民間住宅に移り住み、避難所を出て行く人が増えているためだ。

 市立二万小学校も一時は260人が避難していたが、今は70人ほどが体育館で暮らす。スペースに余裕が生…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文791文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです