メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

避難所離れても不安 声掛け助け合い 倉敷・真備 /岡山

豪雨から2カ月たち、避難所には空いたスペースが目立ち始めた=岡山県倉敷市真備町地区の二万小体育館で2018年9月5日、平川義之撮影

 西日本豪雨から2カ月が過ぎた。復旧・復興に向けた動きが出つつあるが、県内では今も600人近くが避難所で暮らしている。

 西日本豪雨で地区の約3割が浸水した倉敷市真備町地区。被災者が身を寄せている避難所は、ぽっかりと空いたスペースが目立ち始めた。浸水を免れた自宅2階や「みなし仮設」の民間住宅に移り住み、避難所を出て行く人が増えているためだ。

 市立二万小学校も一時は260人が避難していたが、今は70人ほどが体育館で暮らす。スペースに余裕が生…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文791文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  4. 勤務医の残業上限時間「2000時間」に批判相次ぐ 厚労省有識者検討会
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです