メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

C型肝炎訴訟

女性1人和解 広島地裁 /広島

 カルテがないために薬害肝炎救済法に基づく給付金を受けられないのは不当として、C型肝炎患者77人と遺族が国に損害賠償を求めた集団訴訟で、広島地裁(谷村武則裁判長)で11日、広島県の女性1人に対し、国が給付金4000万円を支払うことで和解が成立した。弁護団が同日、明らかにした。広島地裁で審理中の集団訴…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです