メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校入試

公立高定員、全日制7年連続減少 来年度1万5760人募集 /広島

 県教委は11日、2019年度の公立高校の募集定員を発表した。全日制本校は前年度より120人少ない1万5760人で、7年連続の減少となった。学級数は3減の394学級となる。

 県教委によると、今年度の中学3年生の在籍者は2万5813人で、前年度比で163人減。通信制・県外などへの進学は2050人を見込む。全日制本校では広島井口、安西、…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです