メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乙亥大相撲

開催へCF 来月19日まで受け付け 西日本豪雨被害の土俵作り 西予 /愛媛

乙亥会館にあった土俵は肱川の氾濫で浸水し、泥だらけになった=愛媛県西予市野村町で2018年7月22日、宮原健太撮影

 プロ力士とアマ選手の取組が見られる「乙亥(おとい)大相撲」(西予市観光協会野村支部など主催)の開催に向け、同市野村町のNPO法人「シルミルのむら」がインターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)で800万円の支援を呼びかけている。新たに土俵を作るための費用などに充てられ、支援者は土俵作りに参加することもできる。10月19日まで。【中川祐一】

 野村町では西日本豪雨で肱川(ひじかわ)が氾濫。大相撲の会場として使われていた乙亥会館は2階の客席ま…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文649文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです