メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

小郡市、住宅383件被害 地区住民の要望受け、過去の浸水開示・助言へ /福岡

 小郡市は、大崎地区で床上浸水62件、床下浸水321件の住宅被害が出た7月の西日本豪雨を踏まえ、「(今後は)市窓口でハザードマップを示し、過去の浸水状況を開示したり助言したりする」との方針を示した。大崎公民館で9日開かれた意見交換会には肥山政義区長や区議員ら約20人が参加し、「今回の被災地区に住宅を新築する際、盛り土の高さ基準を設けるなど規制してほしい」という要望が出ていた。【安部志帆子】

 大崎地区は7月16日付で被災者への対応など10項目の意見・要望書を市に提出しており、これに対し市が…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1097文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです