メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

眼述記

脳出血と介護の日々/19 つらかった堂々巡り /福岡

イラスト=タカクラミエ

 同居人(夫)は2015年2月半ばくらいまでは時折、泣きそうな表情をするだけで、何を考えているのかはまったく分からなかった。だがそれを過ぎると、声を出して泣き叫ぶようになった。

 同じ頃、薬剤師さんが肝機能の数値の悪化に伴い薬を少し減らしたことを説明してくれた。その際に「感情を抑制する役目もある薬なので、何か変化があるかも」とは言われていた。薬で抑えていた感情が噴き出しているのだとすれば良い傾向だ、と私は考えた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  2. コンビニで成人誌取り扱い中止 8月末からセブン、ローソンで
  3. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  4. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社
  5. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです