メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県民体育大会

100メートル2位 2020年東京へ本格復帰狙う けがから復調 成迫健児さん /大分

北京五輪出場の佐伯市職員 成迫健児さん(34)

 2008年北京五輪の陸上男子400メートル障害日本代表で、20年東京五輪出場を目指してトレーニングを続けている佐伯市職員の成迫健児さん(34)が県民体育大会の100メートル(40歳未満の部)に出場した。連覇を狙ったが、スタートで出遅れ、惜しくも2位だった。ただ、長く低迷の原因だった右足のけがの状態は良く、来季からは日本選手権出場を視野に本格復帰を狙う。

 レースは9日、佐伯市総合運動公園陸上競技場であった。昨年は11秒42で優勝したが、この日は雨の悪コ…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文550文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです