メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県民体育大会

100メートル2位 2020年東京へ本格復帰狙う けがから復調 成迫健児さん /大分

北京五輪出場の佐伯市職員 成迫健児さん(34)

 2008年北京五輪の陸上男子400メートル障害日本代表で、20年東京五輪出場を目指してトレーニングを続けている佐伯市職員の成迫健児さん(34)が県民体育大会の100メートル(40歳未満の部)に出場した。連覇を狙ったが、スタートで出遅れ、惜しくも2位だった。ただ、長く低迷の原因だった右足のけがの状態は良く、来季からは日本選手権出場を視野に本格復帰を狙う。

 レースは9日、佐伯市総合運動公園陸上競技場であった。昨年は11秒42で優勝したが、この日は雨の悪コ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  2. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  3. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  4. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです