メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

ルールは誰のため=福本容子

 <sui-setsu>

 インペリアル・カレッジ・ロンドンは、イギリスにある理系の名門大学だ。10月1日に新学期が始まる。

 その2日後の夕方、大学主催の就活行事がある。今期1号は金融とコンサルティング業界だ。企業が参加費を払い、担当者を送って学生に採用やインターンシップ(就業体験)などの説明をする。

 あれ?と思ったのは、行事の対象が「全校生と過去数年の卒業生」という点。1年生から「就活アリ」なのだ。

 イギリスで大学生の就職調査をしているハイ・フライヤーズによると、有力企業の4分の3が、3年生向けに…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文992文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです