メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日本防衛のあり方

 政府は年末、防衛計画の大綱(防衛大綱)を見直し、新たな大綱に沿って中期防衛力整備計画(中期防)を策定する。米国は対日赤字解消のため、高額な防衛装備品の購入を日本に迫っており、自民党も防衛費の大幅拡充を提言した。厳しい財政状況の下、何をどんな目的でどれだけ計上するのか、防衛装備品も「聖域」ではない。

「イージス・アショア」必要 若宮健嗣・自民党国防部会長

 2019年度予算の概算要求に導入費が計上された陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」…

この記事は有料記事です。

残り4269文字(全文4496文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです