メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

チトーの核シェルター ウィーン支局・三木幸治

 ボスニア・ヘルツェゴビナ中部の街、コニーツから車で約10分。人里離れた岩山の中に「秘密基地」はあった。旧ユーゴスラビアのチトー大統領が、1953年から26年かけて建設した核シェルターだ。米国、旧ソ連と距離を置き、独自の地位を築いたチトー氏が恐れたのは、大国の核戦争に巻き込まれることだった。

 シェルターは、有事の際に政府機能を移すために造られた。岩をくりぬいた内部は10の部屋に分かれる。兵士300人を収容する控室▽6カ月分…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プーチン大統領がまた遅刻 日露首脳会談
  2. 大坂が4強 伊達以来、日本勢25年ぶり 全豪テニス
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪
  5. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです