メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

税制改正

寡婦控除、見直し検討 未婚の親、負担不公平で

婚姻歴の有無によるひとり親世帯の負担の差

 政府・与党は、ひとり親世帯の税負担を軽くする「寡婦控除」について、離婚や死別だけでなく未婚の場合も対象とするよう、2019年度税制改正で見直しを検討する。同じひとり親世帯なのに、婚姻歴の有無で負担に差があるのは不公平との指摘があるためだ。ただ、婚姻に基づく伝統的な家族観を重視する自民党を中心に慎重論も根強く、調整は難航する可能性もある。【岡大介】

 寡婦控除は、戦争で夫を失った妻を支える目的で1951年に創設された。ひとり親世帯を対象に、所得税は…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文947文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  3. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 一日警察署長 交通ルール守ってね AKB48・永野さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです