メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おせち商戦

早くも 平成最後 バブル/アムラー/手塚キャラも

松屋銀座が提案する「ザ・ペニンシュラ東京」が手掛けたおせち=共同

 平成最後となる正月に向け、大手百貨店が2019年用のおせちを発表し、商戦が早くも始まった。松屋銀座は世代別におせちを用意し、高島屋では漫画家、手塚治虫さんの生誕90周年を記念したおせちをそろえるなど、各社は工夫をこらしている。

 松屋銀座は平成を代表する世代ごとの商品を発表。50~60歳の「バブル世代」向けにはホテル「ザ・ペニンシュラ東京」が手掛ける16万2000円の「和洋中三段重プレミアム」を提案。今月引退する歌手の安室奈美恵さんと同…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです