メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

鷺悦太郎さん=東日本大震災の被災地で写実を追求する画家

仮設住宅で暮らしながら活動を続ける画家の鷺悦太郎さん=岩手県陸前高田市で2018年8月31日、喜屋武真之介撮影

鷺悦太郎(さぎ・えつたろう)さん(60)

 岩手県陸前高田市にあるアトリエは仮設のプレハブ。西日が当たると、うだるように暑い。深夜に筆を握り、足のしびれに気づかなくなるほど打ち込む。良いことも悪いことも、描いている間はすべて忘れる。

 高校3年の時、具象絵画の登竜門「日洋展」に入選。表情の描き方や周りの配色が「一筋縄でいかない」人物画に魅了され、40年以上、写実絵画を追求してきた。日展に初応募で入選するなど順調だったところ、2011年3月の東日本大震災に遭遇。自宅とアトリエは津波で被災し、数百枚の作品も流失した。

 「生きてきた証しが一瞬で無くなり、宙に浮いた感じだった」。仮設住宅での暮らしの中で「次にいつ描ける…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文672文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです