メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訴訟

育休後、雇い止め無効 賃金支払い命令 東京地裁判決

 育休復帰時に正社員から契約社員に契約変更を迫られ、復帰後に雇い止めされたのはマタニティーハラスメントに当たり、男女雇用機会均等法などに違反するとして、東京都内の英会話学校に勤めていた女性(37)が運営会社「ジャパンビジネスラボ」に対し、正社員の地位確認と未払い賃金の支払いなどを求めた訴訟の判決が11日、東京地裁であった。阿部雅彦裁判長は、雇い止めを無効とし、未払い賃金など約491万円を支払うよう命じた。正社員…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. 鹿児島 老人ホーム 1カ月で6人死亡 県が立ち入り
  5. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです