メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

非常用持ち出し袋に入れるものを選ぶ男児=東京都新宿区のしんじゅく防災フェスタで2018年9月2日、林奈緒美撮影

 地震や豪雨、台風など全国で災害が相次いでいる。特に早めの避難が重要となる子どものいる家庭では、日ごろからどんな備えや心構えをしておけば安心だろうか。アウトドア用品を活用した防災術などを専門家に聞いた。

 ●「ないと困る」優先

 カップラーメン、携帯ゲーム、ラジオ--。子どもたちは机の上に広げられた中から、必要だと思うものを選んで非常用持ち出し袋に詰め込んでいく。東京都新宿区で2日開かれた、「しんじゅく防災フェスタ」の一コマだ。

 イベントを開いたのは、早稲田大創造理工学部の学生たちで作るサークル「早稲田大学防災教育支援会 WA…

この記事は有料記事です。

残り2139文字(全文2403文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです