メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/41 第一話 泣きぼくろ=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 無理もない。十四年前の家族の修羅場を語り続ける八太郎の顔を見つめて、富次郎も身を縮めていた。

「母ちゃんがすごく優しい声を出してさ。八太郎のお腹(なか)が冷えたらいけない、あんたたちで湯屋へ連れてっておくれって、兄ちゃんたちに頼んだ」

 急げばまだ終(しま)い湯に間に合う。

「行ってきておくれ。それって、ちょっと家を空けてておくれよって意味だよな」

 豆源父ちゃんは、まだ頭を抱えて丸まったまんま動かない。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです