メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第62回学生本因坊決定戦 岡田健斗-栗田佳樹 決勝の2

 <岡田健斗(中京大)-栗田佳樹(東京理科大)>

形がよれた

 両者とも棋風はじっくりタイプで、考慮時間を惜しみなく使う。

 碁盤左側に白の石が集中している。黒を追いかけ過ぎたきらいがある。もう勢いを止められない栗田さんは、白42ツケの強打を放った。白石七段は「気持ちは分かりますが、黒を固めることになるので勇気のいる手です。黒43、45は妥当な対応でしょう」と分析した…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです