メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

ジャパンOP 桃田・奥原、2回戦へ

 バドミントンのジャパンオープンが11日、2020年東京五輪の会場となる武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で開幕して、初日は男女シングルスと混合ダブルスの1回戦が行われた。シングルスでは男子で今夏の世界選手権で優勝した桃田賢斗(NTT東日本)や、女子で昨年の世界選手権優勝の奥原希望(日本ユニシス)らが順当に13日の2回戦に勝ち進んだ。12日は男女ダブルスの1回戦がある。今大会は世界トップ選手が転戦するワールドツアーの一つで、大会は16日まで行われる。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文683文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです