メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

ジャパンOP 桃田・奥原、2回戦へ

 バドミントンのジャパンオープンが11日、2020年東京五輪の会場となる武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で開幕して、初日は男女シングルスと混合ダブルスの1回戦が行われた。シングルスでは男子で今夏の世界選手権で優勝した桃田賢斗(NTT東日本)や、女子で昨年の世界選手権優勝の奥原希望(日本ユニシス)らが順当に13日の2回戦に勝ち進んだ。12日は男女ダブルスの1回戦がある。今大会は世界トップ選手が転戦するワールドツアーの一つで、大会は16日まで行われる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです