メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

国際親善試合 日本3-0コスタリカ 若き森保J、躍動

【日本-コスタリカ】前半、ドリブルする南野(手前右)=パナソニックスタジアム吹田で2018年9月11日、小出洋平撮影

 サッカーの国際親善試合、キリンチャレンジカップの日本-コスタリカが11日、パナソニックスタジアム吹田で行われ、日本が3-0で快勝。森保新監督体制の初陣で白星スタートを切った。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が55位、コスタリカが32位。

 先発でワールドカップ(W杯)ロシア大会のメンバーは槙野(浦和)、遠藤(シントトロイデン)、東口(ガ大阪)の3人のみ。佐々木(広島)や堂安(フローニンゲン)が代表初招集で初先発を飾るなど、森保監督は新戦力を積極的に起用した。試合は前半16分にオウンゴールで先制。後半には南野(ザルツブルク)、伊東(柏)が代表初ゴールを挙げた。

この記事は有料記事です。

残り2421文字(全文2709文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです