メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所

御嶽海、動じず3連勝

御嶽海(左)が玉鷲をはたき込みで玉鷲を降す=東京・両国国技館で2018年9月11日、宮間俊樹撮影

3日目(11日・両国国技館)

 3横綱は安泰だった。進退が懸かる稀勢の里は初顔合わせの豊山に押し込まれたが、逆転の突き落としで3連勝。白鵬は魁聖、鶴竜は勢を退けた。大関ではカド番の栃ノ心が苦手の貴景勝に引き落としで屈し、土がついた。大関昇進に挑む御嶽海は取り直しの末、玉鷲をはたき込み3連勝。

 十両の安美錦は魁皇に並ぶ歴代4位タイの通算1731回出場を白星で飾った。

 十両の青狼が左足捻挫で休場し、3日目の対戦相手、水戸龍が不戦勝となった。

この記事は有料記事です。

残り1385文字(全文1604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです