メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年半

岩手・大槌の旧庁舎、娘生きた証し 津波で犠牲、職員の両親 解体せず検証呼びかけ

月命日に大槌町の旧役場庁舎前を訪れ、小笠原裕香さんを思い手を合わせる父人志さん(奥)と母吉子さん。祭壇には裕香さんが好きだったグラジオラスを供えた=岩手県釜石市で2018年9月11日午前9時23分、喜屋武真之介撮影

 東日本大震災の発生から7年半の11日、岩手県大槌町の旧役場庁舎で、町福祉課職員だった長女、小笠原裕香(ゆか)さん(当時26歳)を津波で亡くした父人志さん(66)と母吉子さん(66)=同県釜石市鵜住居町=が手を合わせた。祭壇には裕香さんが好きだったグラジオラスの花を供えた。旧庁舎は「娘の生きた証し」だが、町は解体を決めている。両親は今夏、町や遺族らに解体を急がず、震災の検証を行うよう呼びかけ始めた。「尊い犠牲に向き合ってください。過ちを繰り返さないために」【中尾卓英】

 「お母さんのように、子どもに寄り添う仕事がしたい」。裕香さんが小学生のころから、吉子さんは放課後学…

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1304文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 株主総会 日産のゴーン氏、謝罪せず 不正検査質問に
  4. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです