メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年半

岩手・大槌の旧庁舎、娘生きた証し 津波で犠牲、職員の両親 解体せず検証呼びかけ

月命日に大槌町の旧役場庁舎前を訪れ、小笠原裕香さんを思い手を合わせる父人志さん(奥)と母吉子さん。祭壇には裕香さんが好きだったグラジオラスを供えた=岩手県釜石市で2018年9月11日午前9時23分、喜屋武真之介撮影

 東日本大震災の発生から7年半の11日、岩手県大槌町の旧役場庁舎で、町福祉課職員だった長女、小笠原裕香(ゆか)さん(当時26歳)を津波で亡くした父人志さん(66)と母吉子さん(66)=同県釜石市鵜住居町=が手を合わせた。祭壇には裕香さんが好きだったグラジオラスの花を供えた。旧庁舎は「娘の生きた証し」だが、町は解体を決めている。両親は今夏、町や遺族らに解体を急がず、震災の検証を行うよう呼びかけ始めた。「尊い犠牲に向き合ってください。過ちを繰り返さないために」【中尾卓英】

 「お母さんのように、子どもに寄り添う仕事がしたい」。裕香さんが小学生のころから、吉子さんは放課後学…

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1304文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  2. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  3. 天皇在位30年式典、共産党は不参加
  4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  5. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです