メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

犠牲者名非公表 地元自治体、割れる対応 識者批判も

 5市町で41人が亡くなった北海道の地震で、犠牲者の名前を公表するかどうか地元自治体の判断が分かれている。死者の名前を公表しない自治体は「遺族の同意が得られなかった」とするが、識者からは判断を疑問視する指摘が出ている。

     大規模な土砂崩れが起き36人が亡くなった厚真町は、住民の死亡が確認されると、記者会見時に公表した。

     同町の大坪秀幸理事は「突然の非常災害で、町民に限らず知ってもらう方がいいと考えた。基本的には、遺族の了承を得た」と話した。

     これに対し、他の自治体は死者の名前を公表していない。

     札幌市は取材に「内規で家族の同意・承諾を得ると決めているが、遺族の同意を得られなかった」と説明。今のところ公表の予定はない。

     苫小牧市は「個人情報の観点から匿名の判断をした」、むかわ町は「優先してやるべきことがあったので協議していなかった」、新ひだか町は「警察の判断ではないか」と回答した。

     政府の防災基本計画は、災害の被害者数について「都道府県が一元的に集約、調整を行う」と規定するが、道は「名前の報告を市町から受けていない。市町の判断に従った」。道警も「各市町の判断」としている。

     鈴木正朝・新潟大教授(情報法)は「災害での死者や行方不明者の氏名は報道すべき情報だ。個人情報保護条例を理由に伏せる自治体があるが、条例の多くは生存者の情報を対象としており根拠にならない。クレームを恐れているのだろう。広域災害で自治体ごとに公表・非公表が分かれては全体を把握できない。個人情報の取り扱いは条例に任せるのではなく、国が法律で定めるべきだ」と主張する。【福島英博、源馬のぞみ、青島顕】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
    2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
    3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
    4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
    5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです