メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セーリング

W杯 初の五輪テスト大会 神奈川・江の島

2020年東京五輪の初のテスト大会となるセーリングW杯の競技が始まり、江の島(左奥)沖にいろいろな国旗をあしらったヨットが走った=神奈川県・江の島沖で2018年9月11日午後0時6分、梅村直承撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの運営面を確認するテストを兼ねたセーリングのワールドカップ(W杯)江の島大会が11日、神奈川県藤沢市で始まった。五輪で実施される33競技でテスト大会が行われるのは今回が初めて。

 東京五輪は11日で開幕まで682日となり、競技運営を準備する期間に入った。テスト大会は来年以降に本格化する。

 今大会はセーリングの国際連盟と日本連盟が主催する。大会組織委員会は海面での指揮命令系統やレース運営…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文501文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです