メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川辺川ダム

白紙撤回10年 水没一転、人寄る村に 清流生かし観光客4割増 熊本・五木

 熊本県の蒲島(かばしま)郁夫知事が川辺川ダム計画の白紙撤回を表明して11日で10年がたった。中心部が湖底に沈む予定だった同県五木村は、予定地の住民がほとんど移転を終えた段階での撤回に猛反発したが、県などの振興策が功を奏して観光客が4割増えるなど元気を取り戻しつつある。しかし、法的にはまだダム計画は生きており、息を吹き返す可能性も残っている。【福岡賢正】

 最後まで五木村の水没予定地に残った尾方茂さん(91)の家を訪ねた。敷地の草刈りをしていたのは代替地…

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1544文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです