メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

竜星涼

「作品と心中できる役に出合えた」 髪バッサリで役作り

連続ドラマ「昭和元禄落語心中」のスタジオ取材会に登場した竜星涼さん

 俳優の竜星涼さんが12日、東京都内で行われた連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合)のスタジオ取材会に出席した。ドラマで落語家の有楽亭八雲に弟子入りする与太郎を演じる竜星さんは短髪姿で登場し、「落語を初めてやらせてもらうということで、僕自身も覚悟がいる作品と思って髪も短くした。この作品と自分が心中できるような役に出合えたなという感触がある」と語った。

 会見には、岡田将生さん、山崎育三郎さん、大政絢さん、篠井英介さん、平田満さんも登場。取材で髪形について聞かれた竜星さんが「ドラマでは(自分の)いろいろな髪形を楽しんでもらえる。(この短髪は)僕的には似合っているかなと思うんですけど、どうですか」と問いかけると、山崎さんが「似合っているよ」と笑顔で答えていた。

 「昭和元禄落語心中」は、落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの人気マンガが原作。女性向けマンガ誌「ITAN(イタン)」(講談社)で連載された。昭和を舞台に、孤高の大名人・有楽亭八雲(岡田さん)や、そこへ押しかけて弟子入りした与太郎(竜星さん)、八雲の盟友で“希代の名人”とうたわれた助六(山崎さん)、八雲と助六を見守る芸者・みよ吉(大政さん)、助六とみよ吉の忘れ形見の小夏(成海璃子さん)といった個性的なキャラクターが登場する。第17回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門優秀賞、第38回講談社漫画賞の一般部門を受賞したほか、2016、17年にはテレビアニメも放送された。

 ドラマは10月12日からNHK総合で毎週金曜午後10時放送。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです